どんどん宅配の仕事がハードになっている今至急対策が必要

人員確保が難しければ他の方法が必要

では人員の確保が難しいのであれば他の方法で業務改善を行っていくしかないというのが現在求められている対策の道ではないかと考えますが、徐々にではありますがスタッフの負担を減らす対策は行われており効果を出し始めております。
ある宅配業者では手始めに時間指定便のうち12時から14時までの指定配達を取りやめドライバーの休憩時間に充てるといった試みを始めており、スタッフの負担減に役立てています。
また夜間の不在配達の時間受付を一時間前倒ししてドライバーが定時で帰宅できるように配慮した対処をしたりしていて貴重な人材が流出しないように努力しています。
このように人材確保のために働きやすい環境を維持していくことも現在の宅配業界には必要なことではないかと感じます。

宅配ボックスの普及や不在票に工夫を

では肝心の需要のあふれた現在の状態をどうやって打開していくのかという事に関してですが、まず不在宅に対するサービスを改善して無駄を省いていくのが先決ではないかと思いますが、それに対しての対策として現在猛スピードで生産がなされている宅配ボックスの早急な普及が必要ではないかと考えられます。
宅配ボックスが普及すれば不在宅への配達が可能になり配達ロスが大幅に減ることは間違いありませんので、これに関しては実際に取り組み自体もすでに始まっていますので今後の効果が十分期待できるのではないかと感じます。
あと不在票の時間対応の改善も重要で深夜になる不在配達は廃止して日付変更などにすることによってかなりドライバーの負担は軽減され配達ロスも減るものと思われます。
このようにできることから対策を打っていけば流通の現状はもう少し打開できるのではないかと思います。


宅配の仕事はとてもハードでスタッフの負担を減らす対策が急務

この記事をシェアする