需要に供給が追い付かなくなっている宅配業界の問題

需要が伸びたため供給と釣り合いが取れない

インターネットショッピングの普及により需要が急激に伸びたことと、それに対する宅配業の人員の供給の釣り合いが全く取れなくなったことによって宅配業者の業務が激務になり人材の確保がさらに難しくなったことで利用者にも影響が及んでいる事態になっています。
しかし人員の確保に関してはとても厳しい状況が続いているようで宅配の仕事はきついという印象がついてしまっているためになかなか募集をかけても人が集まらないという悪循環に陥っており現在いる人員で現状をカバーしなくてはいけない状況下にあり、宅配業界そのものが危機的状態にあることは確かだと思います。
より業界としては柔軟に対応していくことが必要で現在の人員構成でいかに需要へ対応していくかが至急望まれるところだと感じます。

人員が大幅に足りなくなったためにパンク

そもそもの原因として考えられるのが慢性的に続いている宅配業界の人員不足で、どうしても求人情報を出してもきつい仕事と思われているため募集に人が集まらないという悪循環を止めることができずに現在に至っているのが大きなネックになっているかと思います。
こういった状態が長引いているために現在の人員の長時間労働や休憩時間の未取得など福利厚生の部分にまで影響が起きてしまいこのままでは人材の流出も起こりかねない状態に来ています。
事実上需要に対してはパンクしているといわざる負えない状態の宅配業者ですが、大手を中心に何とか踏ん張りを見せている現状で至急宅配業者自体が対策を講じないと物流が止まってしまう最悪の事態が予想されます。


宅配の仕事はとてもハードでスタッフの負担を減らす対策が急務

この記事をシェアする